青白い顔は鉄分不足かも。ヘム鉄のサプリメントで。

色が白いのは7難隠すと言われるのを知っていますか?

幽霊みたいに、青白い顔や、いかにも疲れ切った目の下のクマは、それだけで病的な印象を受けてしまいます。

貧血や低体温などで血のめぐりが悪くなって、体に十分な酸素や栄養素が行き渡らなくなると、顔色はてきめんにくすみ出します。

新陳代謝も鈍くなり、肌はごわつき、潤いもなくなってきてしまいます。肝臓や腎臓などの働きが落ちてくるので、顔色が悪くなる場合もでてきます。

さらに、抜け毛が増えたり、爪の状態が劣化したりするトラブルなどもでてくる場合があります。

月経不順や妊娠、出産などの理由に伴う女性ホルモンの変化で、抜け毛や爪の半毛が起きます。

女性の抜け毛は男性のように生え際や頭頂部を中心とするのではなくて、全体的にボリュームダウンするのが一般的。

ブラッシングのあとブラシに抜けた髪の毛がごそっと絡まってくる様に、抜け毛の料が増えるんですね。

また、爪にも要注意です。鉄欠乏性貧血があると、爪が弱って、薄く割れやすくなり、酷い場合は、中央部分が凹んで先が反り返ってしまうスプーンネイルになったりする場合もあります。

因みに、スプーンネイルの場合は明らかな鉄分不足なので、できるだけすぐにヘム鉄を摂るようにしましょう。

必ずしもサプリメントである必要性はないですが、鉄分不足を補うにはやはりヘム鉄にかぎります。

標準

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です