貧血にかかりやすい人。ヘム鉄のサプリメントは飲み過ぎず。

どんな人が貧血になりやすいのでしょうか。わたしのイメージでは、痩せていて若い女性に多い印象です。ちょっと調べてみました。貧血になりやすいグループが3つあるそうです。まずは妊娠中。これは納得です。妹もそうでしたから。

続いて、小学校高学年から中学生にかけて。よく朝会で倒れたりしていた子は貧血だったのかも知れませんね。最後に成人した女性です。つまり、貧血は誰でもかかる可能性があるってことですね。その割には、あまり知られていませんよね。

月経の出血量が多い人も貧血になりやすいようです。わたしですね。血液型がAもしくはOの人も貧血になりやすいそうです。わたしはB型だから、うまいこと打ち消しあっているのでしょうか。たしかに母も妹もO型ですが貧血ですね。

やはり鉄分補給がポイントですね。とくに月経がある週は意識して、鉄分を摂取するように気をつけたいです。貧血を発症しやすいのは40代らしいので、それに備えて今から蓄えておいた方が良いですよね。でも、摂り過ぎないように注意したいです。ヘム鉄のサプリメントは鉄分を補給するのには、良いですが目安よりも多くとらない方が良いみたいですよ。

 

標準

妊娠中に貧血に。ヘム鉄のサプリメントの存在を早く知っていれば。

妊娠中、貧血になりました。
妊婦さんは、赤ちゃんに血液をたくさん送る為、血液の濃度が薄くなり貧血になりやすくなります。

妊婦さんの定期健診で、貧血の検査を何度かします。
そのときに貧血だと判断されると、鉄剤が出されます。
私もしばらく飲んでいました。

貧血のまま、出産を迎えると、出産のときに出る血が止まらなくなると聞きました。
怖いですよね。

貧血の鉄剤は、飲むと副作用で便秘になると聞きましたが、私もそうでした。
友達も鉄剤を飲んでいて、便秘になるからやめたと言っていましたが、ちゃんとお医者さんに診てもらっておっけーが出てからではないと怖いなと思いました。
お医者さんは必要だから薬を出しているのですから。

一時期、入院していたときは飲む鉄剤だけでなく、点滴からも鉄剤を入れてもらったことがありました。
妊婦さんに鉄分は必須なのですね。
貧血にならないのが一番ですが、もし万が一貧血になってしまったら、きちんと対処しないといけないなと思います。

そして、鉄分といっても非ヘム鉄とヘム鉄がありますが、ヘム鉄の方が吸収が5倍ぐらい違うので、やっぱり貧血の対策にはヘム鉄のサプリメントが効果的だと思います。

私ももっと早くにこのヘム鉄の存在を知っていれば、と思いました。

標準