妊娠中に貧血に。ヘム鉄のサプリメントの存在を早く知っていれば。

妊娠中、貧血になりました。
妊婦さんは、赤ちゃんに血液をたくさん送る為、血液の濃度が薄くなり貧血になりやすくなります。

妊婦さんの定期健診で、貧血の検査を何度かします。
そのときに貧血だと判断されると、鉄剤が出されます。
私もしばらく飲んでいました。

貧血のまま、出産を迎えると、出産のときに出る血が止まらなくなると聞きました。
怖いですよね。

貧血の鉄剤は、飲むと副作用で便秘になると聞きましたが、私もそうでした。
友達も鉄剤を飲んでいて、便秘になるからやめたと言っていましたが、ちゃんとお医者さんに診てもらっておっけーが出てからではないと怖いなと思いました。
お医者さんは必要だから薬を出しているのですから。

一時期、入院していたときは飲む鉄剤だけでなく、点滴からも鉄剤を入れてもらったことがありました。
妊婦さんに鉄分は必須なのですね。
貧血にならないのが一番ですが、もし万が一貧血になってしまったら、きちんと対処しないといけないなと思います。

そして、鉄分といっても非ヘム鉄とヘム鉄がありますが、ヘム鉄の方が吸収が5倍ぐらい違うので、やっぱり貧血の対策にはヘム鉄のサプリメントが効果的だと思います。

私ももっと早くにこのヘム鉄の存在を知っていれば、と思いました。

標準

ヘモグロビンを作る素材が・・・。ヘム鉄のサプリメントだと効率的。

貧血で悩んでいる人が絶対に一度は聞いた事がある言葉にヘモグロビンがあります。ヘモグロビンは赤血球の成分の一つで、体に酸素を届けていくためにはとても重要な役割をしています。

といいうのも、ヘモグロビンこそが貧血にならないために、人間が呼吸で取り入れた酸素と結びつくことによって、酸素を運んでいるからなんですね。

ただ、もし体の中でヘモグロビンが作られないようになってくるとどうなるでしょうか?もちろん、酸素を体全身に運び込むことができずに、体は酸欠状態になってしまいます。鉄と鉄欠乏性貧血|すこやかネット|NIPRO-ニプロ株式会社- 「その技術は、人のために。」 

そして、この酸欠状態こそが貧血なんですね。

では、ヘモグロビンが作らない状態を避けるためにはどうしたらいいでしょうか?それは、鉄分をしっかりと摂ることです。

しかも、普通の鉄分ではなくてヘム鉄を。

鉄分は一般的に体に取り入れたとしても10%ぐらいしか吸収されないとされています。10mgの鉄分をほうれん草とかひじきから摂取したとしても、腸で吸収されるのはわずか1mgなんですね。

人間のからだには3~5mgの鉄分があれば良いとされていますので、それでも足りるのですが、食事から鉄分を10mg摂ろうと思うと、これがなかなか大変です。

ほうれん草やひじきを山盛り食べないと摂れません。

そこで、おすすめしているのが動物性の鉄分であるヘム鉄です。ヘム鉄は非ヘム鉄、つまりほうれん草とかひじきに含まれる植物性の鉄分のことを言いますが、ヘム鉄と比較した場合、その吸収率は1/3とか1/5になってしまいます。

先ほどの例でいえば、10mgのヘム鉄を摂ると、非ヘム鉄だったら1mgだったところが、ヘム鉄だと3~5mgを吸収できるんですね。

これは普段貧血で悩んでいる人にとってはかなり大きな違いですよ。

実際に体に取り入れることができる鉄分の量が3倍とか5倍になるわけですから。

ただ、ヘム鉄を摂ろうとすると、思ったりもコストがかかってしまうんですね。普段の食費もバカにならないほどに。

ですが、ヘム鉄のサプリメントであれば、コスパが良いので、貧血対策としてもお得なんですよ。

ヘム鉄のサプリメントと一言でいってもヘム鉄以外に配合されているものに違いがあるので、どれにしたら良いのか分からなくなる場合もあるかも知れないですが、おすすめは、ビタミンB6、12が含まれているものです。

このビタミンB6、12は血液を作るうえでとても大事な役割をしています。さらにビタミンCが入っていればなお良いですね。ビタミンB系は血液を作るうえでとても大事で貧血対策としては、単体で摂取することを推奨している場合も多々あります。

さらに、ビタミンCは、鉄分の吸収を促進するので、鉄分摂取が効率的になります。
参考サイト:ヘム鉄のサプリメントランキング

 

 

標準

青白い顔は鉄分不足かも。ヘム鉄のサプリメントで。

色が白いのは7難隠すと言われるのを知っていますか?

幽霊みたいに、青白い顔や、いかにも疲れ切った目の下のクマは、それだけで病的な印象を受けてしまいます。

貧血や低体温などで血のめぐりが悪くなって、体に十分な酸素や栄養素が行き渡らなくなると、顔色はてきめんにくすみ出します。

新陳代謝も鈍くなり、肌はごわつき、潤いもなくなってきてしまいます。肝臓や腎臓などの働きが落ちてくるので、顔色が悪くなる場合もでてきます。

さらに、抜け毛が増えたり、爪の状態が劣化したりするトラブルなどもでてくる場合があります。

月経不順や妊娠、出産などの理由に伴う女性ホルモンの変化で、抜け毛や爪の半毛が起きます。

女性の抜け毛は男性のように生え際や頭頂部を中心とするのではなくて、全体的にボリュームダウンするのが一般的。

ブラッシングのあとブラシに抜けた髪の毛がごそっと絡まってくる様に、抜け毛の料が増えるんですね。

また、爪にも要注意です。鉄欠乏性貧血があると、爪が弱って、薄く割れやすくなり、酷い場合は、中央部分が凹んで先が反り返ってしまうスプーンネイルになったりする場合もあります。

因みに、スプーンネイルの場合は明らかな鉄分不足なので、できるだけすぐにヘム鉄を摂るようにしましょう。

必ずしもサプリメントである必要性はないですが、鉄分不足を補うにはやはりヘム鉄にかぎります。

標準

すぐに休憩をしたい、そう思ったらヘム鉄のサプリメント。

二日酔いでもないし、睡眠不足でもない、風邪でもないけれど、体がだるくて、起きるのがものすごく辛い、そんな状態になった事はないでしょか?

まるで鉛のように体が重い状態です。

四六時中、体がだるくて、隙あらば休憩をしたいと思っているような場合は、もしかしたら鉄分が不足しているかも知れません。

ヘモグロビン濃度が9や10といった軽、中等度の場合、だるい、疲れると感じていても日常生活自体はうまくこなせていけるものですが、その状態が長引くようであれば、さらに症状が悪化するケースもあります。

ヘモグロビン濃度が低くなればなるほど体は酸素不足になり、貧血になりますが、そうなる前に鉄分を補給するのがおすすめです。

しかも、普通の鉄分ではなくて、体への吸収に優れているヘム鉄です。

食事で補えれば良いですが、忙しくて、毎日の食事でそこまで考えられない、という場合はヘム鉄のサプリメントがいいですよ。それほど高くはなくコスパもいいですから。

標準

体がだるい時はヘム鉄のサプリメント

体がだるい、そんな状態になっていませんか?体を動かすことがおっくうだと、普通の時なら楽にこなせる日常の動作が面倒に感じてしまい、日々の生活にも疲れをかんてしまいます。

起きたくない、歩きたくない、出かけたくない。その原因はもしかしたら、鉄分が不足しているからかも知れません。

特に女性は生理などによって体から血液が流出する事が多いので、血液が不足している場合が多くなります。

血液の不足を補うためには、流出した分だけ補う必要がありますが、そのためには鉄分が必要になってきます。

「毎日鉄分が不足しないような食事をしているつもりだけど・・・・」、もしそう思っているのであれば、ヘム鉄を一度摂るようにしてみてはいかがでしょうか?

毎日の食事の中で鉄分を補っているつもりであっても、鉄分は吸収率が低いので、思った程の鉄分が摂取できていない場合が多いんですが、鉄分の中でもヘム鉄という種類の鉄分は吸収率が良いので、そうした摂っているつもりだけど、摂れていないという状態にはなりません。

ただ、ヘム鉄をとるためには動物から摂れる鉄分をできるだけたくさん食べる必要がありますが、これって結構手間がかかり、費用もバカにならないんですね。

だから、私の場合はヘム鉄のサプリメントを毎日少しだけですが、飲むようにしています。

金額的にもそれ程かからないし、負担になる事も多くの場合はないと思います。

ヘム鉄のサプリメントを飲むようにしてからは、朝もすっきり起きられるし、それに疲れのとれぐあいもよくなってきたので、最近体調が悪いなって思う人はヘム鉄のサプリメントはおすすめですよ。

標準